SHARES

SHARES

LOCAL GUIDE

[ REPORT(後編)]太陽熱を活用した、自給自足する家「VOLKS-nR」に家族でステイ

2017.8.17

[ REPORT(後編)]太陽熱を活用した、自給自足する家「VOLKS-nR」に家族でステイ(1,324文字)

海風が心地よく吹き抜ける、「SHARES ラグーナ 蒲郡」。全14棟あるコテージの中で、エコを意識しているのがOMソーラー株式会社の「VOLKS-nR」。子どもと泊まる「VOLKS-nR」での一日、後編です。

( ← 前編はこちらから ) 

自給自足する家にふさわしく、庭にはミニ菜園があり、訪れた日にはミニトマトときゅうりがなっていました。
「お庭のあるおうちに住んだら、野菜を育てたいね!」(娘)と、夢はふくらみます。

夜ごはんは、テラスでバーベキューです。
テラスはリビングやキッチンとひと続きになっているため、子どもがお手伝いしやすく、率先してお手伝いしてくれました。わざわざテラスで食べる、のではなく、普段の食事としてごく自然にテラスでお食事できるのが何ともステキです!また、こんなおうちに住んだら、バーベキューだけでなく、ゆったり時間のある休日のブランチもテラスで食べたいですね。(ちなみに、食材以外のバーベキューセットはレンタルできます。)

翌朝。ふかふかのお布団で熟睡した翌朝は、LDKで遅めの朝食をいただきます。
ふだんは、ドアがあるクローズタイプのキッチンのマンションで暮らしているため、アイランドキッチンで料理するのはとても新鮮です。
子どもの様子を見ながら、また、家族とおしゃべりしながら料理ができて、家族との一体感がもてるのは、まさにアイランドキッチンならでは。
コンパクトで動きやすいキッチンのため、背面の電子レンジやコーヒーメーカーも後ろをふり向けばすぐに使えてとても便利でした!


テラスと一体になったリビングで、モーニングコーヒーを一杯。リビングは、キッチンや2階とも空間を共有し、コーヒーの香りが家中に満ちます。
家族みんなで空間を共有できる家っていいな、コーヒーを飲みながら「VOLKS-nR」の魅力を実感しました。

チェックアウトの10:00までは、心地よい風に吹かれながら目の前の海辺をお散歩。

今回宿泊した「VOLKS-nR」が提唱しているのは、大地に近く、自然に寄り添う暮らし。 太陽熱を利用し、家の中に風をめぐらすことで、夏も冬も快適な住空間を実現しています。
心地よい眠りや朝の目覚めをとおして、「VOLKS-nR」の住み心地を家族3人で体感できた1泊2日のステイでした。

今回宿泊したパビリオン

●自然エネルギーを取り入れた”自給自足する”家【VOLKS-nR】
http://www.shares-gamagori.com/pavilion/volks-nr

宿泊日:2017年7月
家族構成:3人家族(神奈川県)

”泊まれる住宅展示場”SHARESラグーナ蒲郡

 
SHARESラグーナ蒲郡は、実際に泊まってライフスタイルを体験できる、新しいかたちの住宅展示場です。様々なライフスタイルを提案する個性豊かな14棟のパビリオンでは、車の試乗のように「試住」が体験できるので、自分がどんな暮らしをしたいのかをじっくりと検討する事ができます。また、パビリオンはすべて面積や価格帯を揃えているので比較検討がしやすいのも特徴です。
 
●SHARESラグーナ蒲郡
http://www.shares-gamagori.com/

 | 一覧を見る |