SHARES

SHARES

LOCAL GUIDE

sumikaが『SHARES ラグーナ蒲郡』に!

2017.7.12

sumikaが『SHARES ラグーナ蒲郡』に!(part 1 / 2)

5月12日[前夜祭]・13日・14日に愛知県蒲郡市で行われた野外イベント『森、道、市場 2017』。会場は『SHARES ラグーナ蒲郡』の周辺です!
今回この『森、道、市場2017』にsumikaが出演。バンド名のsumikaには「好きなものを集めた場所が最高で、それは家であり部屋であり、住処(すみか)。その住処を共有や共感できたら」という願いがこめられているそう。ミュージシャンの方々ではありますが、住宅や建物に関わる『SHARES』もシンパシーを感じる存在です。そしてこの度、縁あって『SHARES ラグーナ蒲郡』に泊まってくれることになりました!
ということで、[L→R] 片岡健太さん(Vo./Gt.)、小川貴之さん(Key./Cho.)、荒井智之さん(Dr.)、黒田隼之介さん(Gt./Cho.)の4人に、『SHARES ラグーナ蒲郡』に泊まった感想などを聞いてきました。

5月14日の『森、道、市場2017』のステージに出演するべく、前夜四国から車でいらっしゃったメンバーとスタッフの方々。その前日にもライブを終えてからの移動、そしてレコーディングと、過密スケジュールが続いているそうです。そんなメンバーの方々からは、宿泊予定のカフェハウス『nook』に入ると「わぁすごい」の第一声が。そして突如打ち上がった花火に歓声も。
(※以下敬称略)

−−『SHARES ラグーナ蒲郡』の第一印象はいかがですか
片岡:いろんな家があるんですね。どれも自由な個性でつくられていて、テーマパークに来たような面白さがあります。建築が好きで他の住宅展示場にも行ったりしますが、今まで行った中で一番楽しいです。
黒田:PCとか曲作りの機材を持って来ればよかったなぁ。ここで曲をつくりたいと思うほど快適で、インスピレーションもわいてきます。

−−どの家もライフスタイルのテーマがあり、それを実際に泊まって体験して、家づくりの参考にしてもらいたいというのが『SHARES』です。
片岡:素敵ですね。家づくりってそうあるべきだと思いますし、音楽でも共通する部分があります。例えばギターを買うときも楽器屋さんでの試奏だけではなく、本当はスタジオなど自分のフィールドで試してから買えたらいいなと思いますから。

−−ライフスタイルといえば、sumikaさんならどんな家がつくりたいですか?
片岡:僕は個人的に平屋が好きなんです。1Fも2Fもなく、地続きのところに全員がいると精神的に安定するというか。この人が上のフロア、この人が下のフロアにいるとかではなくて、すべての人が同じフロアにいるような空気感がいいなって。なので、いつかものづくりをする場所として平屋の家を構えられたらいいですね。

【profile】
2013年5月にsumika&sumika[camp session]を結成。
sumikaは通常のバンド形態、sumika[camp session]はアコースティックバンド形態。
ライブは毎回ゲストメンバーを入れて開催され、音楽家以外にも 映像作家、写真家、絵描き、建築家、陶芸家、彫刻家、詩人… など様々な芸術家と共に作品を制作する。
楽しい事、可笑しな事、テンションがあがることをしましょう。

sumika 1st FULL ALBUM 『Familia』2017/07/12リリース
http://sumika.info

 | 一覧を見る |